時間外および休日労働(労働基準法第36条、37条)

●時間外、休日労働とは
 時間外労働とは、
1日8時間、1週間に40時間を超えて時間外や休日(法定外休日)に労働をさせることです。また、休日労働とは、週間に1日もしくは4週間で4日の休日法定休日)を確保できない状態で労働をさせることです。
 ここで注意が必要なのは、「法定休日」と「法定外休日」との違いで、法定休日に労働させた場合には、3割5分以上の割増賃金を支払う必要があることです。法定外休日についても、その日に労働させたことにより当該週が40時間を超えることになるならば、時間外労働になりますから、2割5分以上の割増賃金の支払いが必要になります。なお、変形労働時間制を採用することによって、1日8時間、1週間に40時間を超えて労働させても時間外労働にならない場合があります。

●時間外・休日労働協定届(36条協定)とは
 使用者が労働者に時間外労働を行わせるためには、予め労働者の過半数で組織する労働組合か労働者の過半数を代表する者との間に
労使協定(労働基準法第36条に基づく協定であることから「36協定」といいます)を締結し、所轄の労働基準監督署長に届け出ておく必要があります。この36協定においては、時間外・休日労働を行わせる職種や人数、1日や1か月における延長することができる時間の限度を定めておかなければなりません。さらに、この延長することができる時間についても、労働者の福祉、時間外労働の動向などを考慮して基準(厚生労働省告示)が定められていますので、36協定の内容はこの基準等に適合したものとする必要があります。

(1)時間外労働の限度に関する基準について
 労働基準法では1日及び1週間の労働時間並びに休日日数を定めていますが、こうした法定労働時間を超えて時間外や休日に労働を行わせるには、事前に同法第36条の規定による時間外労働・休日労働協定(36協定)を労使で締結し、所轄の労働基準監督署長に届出なければならない、としています。
 しかし、これは届出さえすれば時間外労働・休日労働を無制限に認める趣旨ではなく、時間外労働・休日労働は必要最小限にとどめられるべきものであることは言うまでもありません。
 このため、36協定において定める労働時間の延長の限度等に関する基準として時間外労働の限度に関する基準(平成10年労働省告示第154号)が定められました。労使は、36協定内の内容がこの基準に適合したものとなるようにしなければなりません。なお、法定の時間外労働については2割5分以上、法定の休日労働については3割5分以上の割増賃金の支払いがそれぞれ必要になります。

★チェックポイント1→ 法定の要件を満たした36協定の届出が必要です
 労使は以下の事項について協定しなければなりません。

時間外労働をさせる必要のある具体的事由
時間外労働をさせる必要のある業務の種類
時間外労働をさせる必要のある労働者の数
1日について延長する事ができる時間
1日を超える一定の期間について延長する事ができる時間
有効期間


 協定は、使用者と、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との間で締結する事が必要ですが、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合の労働者の過半数を代表代表する者は、次のいずれにも該当するものでなければなりません。

監督又は管理の地位にある者でないこと
労使協定の締結等をする者を選出することを明らかにして実施される投票、挙手等の方法による手続により選出されたものであること


★チェックポイント2→ 36協定は以下の基準に適合したものとなるようにしなければなりません。
*36協定の締結に当たっては、安易に臨時の業務などを予想して対象業務を拡大したりすることのないよう、業務の区分を細分化することにより時間外労働をさせる業務の範囲を明確にすることが必要です。
*1日を超え3ヶ月以内の期間及び1年間の双方について協定しなければなりません。
*延長時間の限度
 36協定で定める延長時間は、最も長い場合でも下表の限度時間を超えないものとしなければなりません。

期 間 一般の労働者 1年単位の変形労働
1週間 15時間 14時間
2週間 27時間 25時間
4週間 43時間 40時間
1箇月 45時間 42時間
2箇月 81時間 75時間
3箇月 120時間 110時間
1年間 360時間 320時間


★特別条項付き36協定とは
 臨時的に限度時間を超えて時間外労働を行わなければならない特別の事情が予想される場合に次のような特別条項付き協定を結べば、限度時間を超える時間を延長時間とすることができます。この場合、次の要件を満たしていることが必要です。

原則としての延長時間(限度時間以内の時間)を定めること
限度時間を超えて時間外労働を行わせなければならない特別の事情をできるだけ具体的に定めること
「特別の事情」は、次のア・イに該当するものであること
ア. 一時的又は突発的であること。
イ. 全体として1年の半分を超えないことが見込まれること
一定期間の途中で特別の事情が生じ、原則としての延長時間をする場合に労使がとる手続を、協議、通告、その他具体的に定めること
限度時間を超える一定の時間を定めること
限度時間を超えることのできる回数を定めること


※特別条項付き36協定の取扱いの改正
(1)特別条項付き協定を締結する場合、「特別の事情」は「臨時的なものに限る」ことを明確にする改正が施行されました。「臨時的なもの」とは、一時的又は突発的に、時間外労働を行わせる必要のあるものであり、全体として1年の半分を超えないことが見込まれるものを指します。限度時間を超えて時間外労働を行わなければならない特別の事情は、限度時間以内の時間外労働をさせる必要のある具体的事由よりも限定的である必要があります。

(2)上のような趣旨から、特別条項付き36協定を締結する際は、限度時間を超えることのできる回数を協定して、その回数については1年のうち半分以下となるよう、労使で「特別の事情」を協議してください。

(3)特別条項付き36協定において、1日を超えて3ヶ月以内の一定期間の労働時間を延長することにより、1年間について限度時間を超えて労働させる必要が生じる場合には、1年間についても限度時間を超える一定の時間を定める必要があります。

※「特別の事情」の例

<臨時的と認められるもの> <臨時的と認められないもの>
・予算、決算業務 ・(特に事由を限定せず)業務の都合上必要なとき
・ボーナス商戦に伴う業務の繁忙 ・(特に事由を限定せず)業務上やむを得ないとき
・納期のひっ迫 ・(特に事由を限定せず)業務繁忙なとき
・大規模なクレームへの対応 ・使用者が必要と認めるとき
・機械のトラブルへの対応 ・年間を通じて適用されることが明らかな事由


★適用除外
 次の事業又は業務には、上記の限度時間が適用されません。

工作物の建設等の事業
自動車の運転の業務
新技術、新商品等の研究開発の業務
厚生労働省労働基準局長が指定する事業又は業務(ただし、1年間の限度時間は適用されます。)


●育児・介護を行う者の時間外・休日労働
 小学校就学前の子の養育や家族の介護を行う一定の労働者は、育児・介護休業法の適用を受けることから、労働基準法第36条に基づく時間外労働の協定届を行った場合でも、本人が請求したときは、1か月24時間、1年150時間を超えて労働時間を延長することはできません。ただし、事業の正常な運営を妨げる場合はこの限りではありません。
 また、小学校就学前の子の養育や家族の介護を行う一定の労働者は、本人が請求した場合は、事業の正常な運営を妨げる場合を除き、午後10時から午前5時までの間に労働させることはできません。
 なお、育児・介護休業法は女性労働者のみならず男性労働者にも適用がありますので、
この請求は男女問わず行えます。

●時間外、休日及び深夜の割増賃金
 時間外や深夜(午後10時〜午前5時)に労働させた場合には2割5分以上法定休日(1週間に1日もしくは4週間で4日の休日)に労働させた場合には、3割5部以上の割増賃金を支払わなければなりません。これは、たとえ時間外労働・休日労働に関する協定届の提出がなされていなくても支払いの義務があります。
また、割増賃金の基礎となる賃金には、家族手当、通勤手当、別居手当、子女教育手当、住宅手当、臨時に支払われた賃金、1か月を超える期間ごとに支払われる賃金は算入しません。

●事業場外労働のみなし労働時間制
 事労働者が事業場外で労働し、労働時間の算定が困難な場合には、所定労働時間労働したものとみなされます。
 ただし、事業場外で働く従事者の中に労働時間を管理する者がいたり、事業場外で働く者に携帯電話等によっていつでも連絡がとれる状態にあって随時使用者の指示を受けながら労働したりする場合には、みなし労働時間制の対象外となります。
 また、事業場外労働で所定労働時間を超えて労働することが通常必要となる場合においては、「当該業務の遂行に通常必要とされる時間」または「労使協定で定めた時間」労働したものとみなされます。

  

PageTopへ 

業務対応地区

【山口県】
下関市
宇部市山陽小野田市、美祢市、長門市、萩市、山口市、防府市、周南市、柳井市、下松市、岩国市、光市、大島郡(周防大島町)、玖珂郡(和木町)、熊毛郡(上関町、田布施町、平生町)、阿武郡(阿武町)

【福岡県】
北九州市(門司区、若松区、戸畑区、小倉北区、小倉南区、八幡西区、八幡東区)、福岡市(東区、博多区、中央区、南区、西区、城南区、早良区)、大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、行橋市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、朝倉市、みやま市、糸島市、筑紫郡(那珂川町)、糟屋郡(宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町)、遠賀郡(芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町)、鞍手郡(小竹町、鞍手町)、嘉穂郡(桂川町)、朝倉郡(筑前町、東峰村)、三井郡(大刀洗町)、三潴郡(大木町)、八女郡(広川町)、田川郡(香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町、)、京都郡(苅田町、みやこ町)、築上郡(吉富町、上毛町、築上町)

【大分県】
大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡(姫島村)、速見郡(日出町)、玖珠郡(九重町、玖珠町)

【広島県】
広島市(中区、東区、南区、西区、安佐南区、安佐北区、安芸区、佐伯区)、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、府中市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市

【九州地方】熊本県、長崎県、佐賀県、鹿児島県、宮崎県
【中国地方】−岡山県、島根県

【四国地方】−愛媛県、香川県、高知県、徳島県
  
※ただし、下記の業務は全国対応が可能です。

【労働トラブル対応・解決業務】
・労働基準監督署の対応、合同労組・ユニオン・労働組合の対応、未払い残業代請求対策・対応、セクハラ、パワハラ対応

【就業規則の作成・変更・見直し】
・固定、定額残業制度の導入、税制適格退職年金の対応、退職金、高齢者の賃金設計

【労務監査(M&A合併を含む)】
・労働条件審査、セミナー講師
・M&A合併、事業譲渡